kajibo.com

ビデオ日記

いや、Fire TV様々だ、見るのが楽。隔離期間は見る時間もとれる。

重版出来 5話

みてると一切読んでいない原作漫画がどういう風になっているのか気になる。ドラマでは「この回想シーンによる展開はどうなんだ、ネームを作り直せ」という展開があった直後の回で突然確かに度々出てきていたけど印象の薄い社長回として回想シーンが長々ととられいて、これは本当に原作にあったのかなあ(もしくはそんなに長くコマを割かれていたのかなあ)と思いながらぼんやり。

それにしても雑誌編集のドラマって小道具無駄に大変そうだ、どんだけ漫画出てくるんだ。あまりに雑誌や現実に存在する漫画もちらほら見えるもんだからエンドテロップを見続けてたら講談社と小学館があって集英社がないのがちょっと微笑ましかった。なんとなくカタンを感じる。

この文章かくためにどこまで見たか忘れたためあらすじ確認のために公式Webページとやらを見て見たら「掲示板」という懐かしいもんみえたんだけど、ドラマに掲示板を付けるって文化、2016年にはまだ生きてたのか。

魔女の旅々 1-3話

言ったことある気もするが魔女の帽子を被っている人がいるサムネをみるとつい観てしまう。ので、観た。魔女であるところの主人公が旅をする内容らしい。

……なんだろう、なんというんだろう。毎話でとある国に来ました、こんな経験しました、終わり。が続いていて、長期的なストーリーが何も見えなくて逆にすごい。だからといって出てくるキャラが固定で笑わせようとしてくるポイントが細かくくる日常系とはまた違うなんだろう、イソップ物語的なものを観ている感じがする。なんだこれは、面白くなっていくのか?12話かけて一体何が行われるんだ?多分まだ、「これはそういうのを楽しむアニメだよ」っていうのがまだつかみ切れていなくて、だからこそこのアニメの行く先を見てみたいという欲で思い出したら観るかもしれない。見ていて苦は感じないというのは大きい、あとOPは雰囲気合ってて好き。

そういえばNFCタグ?を見て、ベッドに貼り付けてiPhoneを近づけたら部屋の電気OFFとか出来るのかな……って考えてたんだけど、スマートリモコンを各部屋に用意しないといけないの大変だ。あと電源ONとOFFでNFCタグを別個に用意することになるのかなとか考えてたんだけど、そしたらベッドにシールがいっぱい貼ってあることになってそれはそれで大変だ。あと、そもそもiPhone8PlusではNFCタグを使ったオートメーションが出来ない。Alexaも使わないといけないし、PS4を常駐出来るテレビを買って十二なんちゃらをやらないといけないミッションも残っている。