kajibo.com

体調不良

体調が悪いときは悪いと宣言した方がいい。我慢してさらに悪い状態になってしまいかねない。

装置を扱ってて思ったのは、こいつら自分の体調が悪いことを自覚せず正常なフリをして動き続ける。だから医者役であるところのエンジニアが毎日装置の状態を点検している。この辺りは自分の部署の仕事でなく、そのような部署の仕事なので横から見ているだけなのだが、日々働きたくないなあと思っている自分からすると、「装置の方が悪いと自覚して俺体調悪いです!」もしくは「寿命近づいてきてるかも!」と宣言してくれないだろうかと考えてしまう。僕も心優しいから装置に対して病院にいけとは言わない、医者役であるところの人間が装置のところまで出向くのは(客先に行きたくないが装置が外を歩いて僕のところまで来るのは困るので)受け入れるつもりだ。

そんなことを考えているときにVNSをレンタルしてしまった。せっかくだ、ちゃんと定期的に俺の体調はいいぞとか悪いぞとかVNSくんに話してもらうようにしよう。VNSくんが喋る方法は何がいいだろうか、そうか、slackって奴使ってみるか!ということでslackを始めてみたのが今週日曜。登録した次の日あたりslackが落ちてたのは僕のせいかもしれない。何を話してもらうのがいいのかは医者の仕事だから今後ちょっとずつ増やしていくとして、とりあえずまずは1週間に1回ペースでSSL認証の期限を教えてもらうようにした。期限が切れるとkajibo.comが安全ではないと言われる、それは困る。